友人になりました

もう2年以上前の話になります。

当時、私はあるゲームにはまっていて、某大型掲示板を利用して情報収集のやり取りをしていました。
レアアイテムの集め方や、効率の良い経験値の稼ぎ方、課金具合、聞けば大抵の回答が返ってくるので、毎晩その掲示板を利用しながらゲームをすることが日課になっていました。

掲示板を利用し始めて一か月が経つ頃には、掲示板上でゲーム以外の雑談をするぐらいの顔なじみが数人できていました。
もちろん、その方々の年齢や職業、リアルな情報は何一つ知りませんでした。
話が合う、やり取りが楽しい、そんな理由だけでしたが、いつの間にかその掲示板を利用することが、自分にとってかけがえのない時間になっていったのです。

しかし、4か月が経過した頃、利用していたゲームのサービスが終了してしまうことが告知されたのです。
結構な金額を課金していたのもあり、かなりのショックを受けたのですが、何より、掲示板を利用する理由がなくなり、ネット上で親しくしていた人たちと縁が切れてしまうということに想像以上の動揺をしてしまいました。

そして、思わず「皆と離れるのがつらい」と書き込んでしまったのです。リアルではなく顔の見えない掲示板だから本音が言えたのかもしれません。すると、その場にいた顔なじみの一人が「最近別のゲームを始めたんだけど、よかったら一緒にやらない?」と声をかけてくれたのです。

思いがけない言葉に私は嬉しくなり、その場ですぐにそのゲームに登録しました。そして、ゲーム内でその人と「フレンド」という形で親しく遊ぶようになったのです。

そういう関係になって2年以上たった今では、仕事のこと、恋愛のこと、何でも気軽に話せる良い友人関係になりました。
人との縁は本当に不思議なものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です