はげしい言い争いになった

あるネット掲示板に、とあるミュージシャンをはげしくけなす書き込みがされていました。それを書き込んでいた人はおそらくひとりなのですが、あまりにひどい書き込みで、また明らかな嘘まで入っていたために、反論を書き込みました。

すると、その人は異常といってよいほどに感情的になり、インターネット掲示板に10時間以上も張りついて、ずっと書き込みを続け、さらに口汚くなっていきました。途中からは、「あいつはコンビニでバイトしている」とか、嘘も本当もなく、とにかくそのミュージシャンを誹謗中傷することだけが目的のようになっていきました。そして、急にその人を擁護するような書き込みが増えました。

しかし書き方のくせが同じである事から、その人が一人で何役もこなして、自分の説を擁護しようとしているのは明らかでした。さらには、その人に反論しているのがひとりなん役であるとか、ミュージシャン本人が書き込んでいるとか、被害妄想をつのらせて放言し始めました。ああ、これはざんねんな人なのだなと思い、私は書くのをすぐにやめました。他の人も書くのをやめ、その掲示板の書き込みはすたれました。

そんな事は忘れていたのですが、半年ほどしてからその掲示板を見ると、その人はまだ誹謗中傷を書き続けていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です